年々安くなっている|新しい時代の幕開け|MVNOで賢くスマフォを使おう

新しい時代の幕開け|MVNOで賢くスマフォを使おう

年々安くなっている

通話するメンズ

光電話の普及

電話加入権はかつて固定電話を自宅に設置するためには、必要なものでした。価格も数万円する高価なもので、相続などの対象になるほどでした。しかし携帯電話の普及により固定電話が減少し加入権を購入する人が徐々に減少してきました。そして固定電話加入権を利用するものから光電話へと移行していったのです。マンションでの一人暮らしなどの場合には、携帯電話だけで十分に満足な生活を送ることができましたが、戸建ての場合には固定電話の必要は高かったため、ある程度の電話加入権は残りましたが、電話番号も同じように使用できることや通話料金が安いなどのメリットにより光電話に変わっていったのです。そして今では光ファイバーの普及により光電話の普及率が大きくなっているのです。

レンタルがおすすめ

電話加入権を利用した電話のメリットもあります。停電時など電気がない状態では光電話はインターネット回線を利用するため使用することができません。しかし加入権電話であれば、利用することができるのです。しかしそのメリットの恩恵を受けることはあまりありません。そのため固定電話を光電話に変えてしまった方がランニングコストがや安くなるメリットの方が大きいのです。そのような背景から電話加入権の価格は年々安くなっています。今では半額以下で購入することができます。しかしまだ万単位の金額が必要であることから、利用するのであればレンタルを利用することをおすすめします。レンタルは月額の使用料金こそ支払うことになりますが、新規加入料が必要ないメリットがあるのです。